FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
増岡則之
『魍魎』
 やけに目鼻立ちの派手な長い顔の男(木場)
 銀縁の眼鏡に高級そうな背広をきちんと着込む(木場)
 高圧的な口調。早口(木場)
 大層早口。澱みない瞭然とした発音。機械的な口調(木場)
 たぶん、高学歴者[インテリゲンチア]。苦手(木場)
 張りつけたような無表情(木場)
 「増岡先生」(陽子)
 拙い医学知識、希望的観測よりも正確な現実認識を重視しなければならない立場(本人)
 大層有名な方の使いの者。だからそんなに有名じゃない(榎木津)
 長身の男(榎木津)
 銀縁の眼鏡に長い顔。髪を七三にぴっちりと分けて高級そうな生地の背広を身につけている。目も鼻も大きい(榎木津)
 物凄く早口の男。答える間もない(榎木津)
 法律家・弁護士(名刺)
 柴田財閥及び柴田耀弘個人の顧問弁護士団と系列会社の役員で構成されるさる団体に所属する者(本人)
 「何て煩わしい男だろう」(榎木津)
 余計なことをずらずら喋るのが賢いことだと勘違いしている(榎木津)
 「こういう奴は京極堂に相手をさせた方がいい。気が合うかもしれぬ。ぺらぺら御託を並べているが、さるしか印象に残らない」(榎木津)
 要するに柴田の使い(榎木津)
 近寄ると顔が益々長い(榎木津)
 鼻息も荒い。少少臓躁的(ヒステリック)な印象(榎木津)
 事務的な口調。不幸な少女の悲惨な暮らし振りを伝えるに当たってはやけに効果的。お涙頂戴の陳腐な話も俄然真実味を帯びる。しかし、その後に連なる恋物語を語るに当たっては彼の語り口はあまりにも潤色に欠けていた(榎木津)
 関口なんかより学習能力は高い(榎木津)
 比較的無表情な方だろうが、眉の形と鼻腔の開き具合で心情が知れる。今までの苦労がその2点に集約されたような顔(榎木津)
 軽蔑混じりの、呆れたような視線(榎木津に対して)(榎木津)
 榎木津の元を初めて訪れた時の機械的な余所余所しさはたぶん仮面[ペルソナ](榎木津)
 


『塗仏』
柴田財閥顧問弁護団
目鼻立ちの明瞭とした、やけに長い顔(青木)
物凄い早口(青木)
発音は正確で発声が確乎りしているから聞き取り難いことはない(青木
少少高圧的に聞えるがそれほど高慢な男ではない(青木)
立派な紳士(中禅寺)
スポンサーサイト