FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
楠本頼子
『魍魎』
 柚木加菜子のことが本当に好き[本人]
 加菜子が瞳を閉じて、凝乎と音楽に聴き入っている時、頬や瞼に「そおっと」唇を当てたくなるが、同性愛嗜好者(レズビアン)ではない[本人]
 父親がいない。暮らし向きも裕福とは云えない。母が無理して入れた学校がぼんやりと苦痛[本人]
 学校で学ぶものは劣等感だけ[本人]
 容姿が優れている。
 母が連れて来る酒臭い男達が揃って好色な視線を向けるほど整った顔だち。
 幻想的で不思議な話がちょっと好き[本人]
 紅茶を飲み慣れていない。砂糖をたっぷり入れる[本人]
 長じるにつれて、母の美しさを男好きのする淫らな容姿、優しさを押し付けがましい愛情と思うようになる[本人]
 「頼ちゃん」[君枝]
 「楠本君」[加菜子]
 「少女」[木場]
 綺麗な顔。三つ編み。化粧気のない顔。生まれたての赤ん坊を思わせる肌理の細かい膚。「艶めかしさとあどけなさの同居した、不思議な生物」後五年か、十年経てばかなり美人になると思われる[木場]
 十四歳
 女になりかけている[木場]
 「制服を着た少女」[木場]
 木場が見覚えのある制服[木場]
 祈るような悲壮な表情[木場]
 「涙のひとつも流したら大抵は話がつく。その技が通用しないのは級友達くらいのものだ」「泣いてやった」[本人]
 眼差しが真摯[木場]
 本質が善く理解出来ない。嘘を吐いている訳ではないのだろうが、言葉のひとつひとつに現実感がない。
 どこか虚構染みている[木場]
 額面通り受け取ってはいけない[木場]
 小柄で華奢な体つき。濃紺のブレザージャケットに同色のスカート。綺麗な顔の娘[関口]
 無垢な少女[関口]
 昭和十三年の秋、誕生
 直山が嫌いのようだった[君枝]
スポンサーサイト