FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
里村紘市
『魍魎』
 監察医になった経緯は知らない(木場)
 戦時中は海軍で縫合の上手い軍医とてして有名だった(榎木津)
 普段、九段下でこぢんまりとした外科医院を開業している(木場)
 人懐こい顔つき、善く喋る、患者受けは良い(木場)
 解剖が好き(木場)
 人一倍温厚で、人格者然としているにも拘らず解剖が大好き。
 理解出来ない(木場)
 どこそこで死体が出たと聞くと、生きているものを横に退けてまで嬉嬉として駆けつける(木場)
 人体を切り刻むのが好きな男。理解の外の存在(木場)
 普段は大層いい奴(木場)
 薄くなりつつある頭髪。
 医者の見解と云う意味でだけ判断するなら里村は信用出来る(木場)
 不幸な女性の半生に聴き入る駆込寺の尼のような、慈愛に満ちた眼差し(関口)
 


『塗仏』
 変人。頭髪の薄い人(多々良)
スポンサーサイト