FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
益田龍一
『塗仏』
◆春先まで神奈川県の刑事だった。
◆民間人に好かれる警官を目指していた[本人]
◆探偵榎木津の助手。
◆「馬鹿」[榎木津]
◆「益田ちゃん」[司]
◆「マスヤマ」[榎木津]
◆長屋から文化住宅に移り住んで育った。神奈川の紛乱(ごみごみ)した街中で育った。幼い頃は貧しく、長じてからも飛び切り裕福な暮らしはした憶えもないが、父親が都会志向で、同世代の者よりはややモダンな生活[本人]
◆祖父母の顔を知らない[本人]
◆自分の父親のことを凄いと思ったこともあるが、反面困った親爺だと思うこともある。それなりに評価はしているものの、その評価も畏怖や尊敬の念とは程遠いもの[本人]
◆「榎木津の助手で益田君と云う――調子の好い若者」[中禅寺]
◆「蟻喰いが昼寝してるのかと思ってた」[潤子]
◆「下僕」[榎木津]

『邪魅』
◆上滑りするような軽口こそが最近の身上[本人]
◆肚の底から胸の裡と首から上の接続を切って、ただうかうかと軽薄に居きることこそが、現在の、唯一の処世術[本人]
◆本来、それ程明るい人間ではない。どちらかと云えば――否、確実に陰性(ネガティブ)な性質なのだろうと思う[本人]
◆周囲に殆ど暗い印象を与えないのは、偏に益田の日日の努力の賜物[本人]
◆明朗な思考に切り替えよう陽気に振る舞おうと努力している訳ではない[本人]
◆軽薄であらん刹那的であらんと弛まぬ努力を続けている。己の芯がすぐに深刻になってしまうから、場が深刻になるような状況が耐えられない[本人]
◆建設的にも楽観的にもなれないからこそ、上滑りすることで、そうした状況を遣り過ごす[本人]
◆決して不真面目なのではない。少なくとも悲観的な本音を晒すより、ことが巧く運ぶ場合は多い。だから嗤うのでも笑わせるのでもなく嘲われることを心掛けている。常に隙を作ることを心掛け、その隙を容易に相手に突かせる。半ば己を貶めて座の緊張を解く[本人]
◆不真面目と云うか調子の良い男[本人]
◆「礼二郎が恐らく放棄している普通の探偵の仕事を引き受けて、勝手にやっている」[今出川](本人も認めている)
◆ごく普通の探偵業務を熟している[本人]
スポンサーサイト