FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
中禅寺秋彦
[中禅寺秋彦]の続きを読む
スポンサーサイト



寺田兵衛
『魍魎』
 白装束に山伏の被るような頭巾――兜巾と云うのだったか――(頼子)
 御筥様教主。
 (寺田家について)江戸時代、京橋辺りに住んでいた宮大工。三鷹(当時の神奈川県新川村)に居を移したのは明治期の初め頃。その頃の寺田某は、家具や工芸品のような細工ものを造る、独り働きの木工職人のようなもの(鳥口)
 これと云った主張を持たぬ、癖のない凡庸な若者だった。分不相応にも中等学校を出ている。その後、隣町の町工場に就職し、そこで旋盤や溶接の技術を修得したと云う。不平ひとつ云わず黙然と勤めた。ただ父の跡を取り、箱屋を継ぐ意志はあまり持っていなかった(鳥口)
 やがて箱屋が軌道に乗り、職人を雇わねば立ち行かなくなって、どうせ他人を雇うなら――という理由で工場を辞めさせられ、木工の修行を兼ねて家業を手伝うことになる(鳥口)
 父と違い、腕の良い職人だった。仕事の覚えも早く、一人前の木工職人になるのに、そう時間はかからなかった。25、6で嫁を貰う(鳥口)
 腕が良いだけでなく、勉強熱心。家督を継いだあと、若い頃修得した旋盤や溶接の技術を応用し、更なる研鑚を重ねた結果、それまでに類を見ない新商売を考案した、金属の箱造りである。――(中略)――これは当たった。機会の試作品、研究室などの特殊な設備、意外に仕事はあったのだ。大学や軍隊からも発注があったらしい(鳥口)
 兵衛の造る箱は、設計図と寸分違わぬ。正確且つ精密、毛程の狂いもない。正に完璧な箱であったらしい(鳥口)
 「神社仏閣やお神輿など、精緻極まる細工物を熟していた宮大工の血がそうさせるのかもしれぬ」(その頃の本人)
 箱に取り憑かれた。
 太平洋戦争が始まって箱が造れなくなると、荒れた(近所の兵衛を知る者)
 元元近所付き合いが不得意だった(鳥口)
 復員してからは余計に愛想が悪くなり、頑なに心を閉ざし、只管孤独に暮らしていた。
 他人と上手くコミュニケーション出来ぬ不器用な人生。他人ごとではない。
共感を持つ(関口)
寺田忠
『魍魎』
 寺田兵衛の父。
 寺田木工製作所の看板を上げた(斜向かいの駄菓子屋の婆様)
鳥口守彦
『魍魎』
 恍惚けた口調(関口)
 赤井書房という出版社に勤める青年編集者(関口)
中禅寺千鶴子
『魍魎』
 色白の、大層目の大きな、一見西洋人風の顔立ちをした美人。
寺内
『魍魎』
 酒が好き(小泉)
 
中禅寺敦子
『魍魎』
 猫のような軽やかな足取り(関口)
 悪戯っぽい目つき(関口)
 陰陽師の先生の妹さん。雑誌記者。可愛らしい顔(青木)
 見覚えのある小柄な女性(関口)
 かの有名な『稀譚月報』の編集記者をしている(関口)
 実際の年齢は二十歳を越えているのだが、一見して女学生にしか見えない。もう少し女性らしい格好さえすれば彼女は大層美人(関口)
 ダットサンもどきを見て、凄い凄いと頻りにはしゃぐ(関口)
 案外楽しそう。遠乗り[ドライブ]が好きなのかもしれない(関口)

『塗仏』
 世田谷区上馬町のもとは変死した画家のアトリエだった家に住む。
 七歳まで京都の嫂の実家に預けられる。
 八歳の頃に初めて実兄秋彦と対面する。
 姉のように慕っていた人は義理の姉となる。
 その後祖父が死に、一年ほど東京で兄と暮らすが疎開する。
 「叡智なくしては」「多分呼吸も出来まい」(本人)
 敦子にとって叡智は「生きて行くために必要不可欠」(本人)
 学生の頃はずっと髪を伸ばしていた。
 神田の稀譚舎に勤務。
 少年のような面差し。凛としている(貫一)
 華奢な肩。大きな眼。
津村辰蔵
『塗仏』
 「研ぎ辰」(村の人)酒好き。「元は刀鍛冶」(本人)
 昭和三十九年の夏、堂島の意図で、憲兵に連行される。
 巡回研ぎ師。夏場半年かけて伊豆半島を横断し、冬の半年は下田を廻る。
 収入は少なく、妻は、蓮台寺で仲居をしていた。
 十五年前、憲兵に連行され、一年後廃人とした戻ってきた。
津村信吾
『塗仏』
 事件のただ一人の目撃者「研ぎ辰」こと津村辰蔵の息子。寡黙な男。
 茜より少し若い(茜)
 下田で生まれ育ち、十四年前父を亡くす。山辺に面倒を見てもらい、母と上京。
 「所謂苦学生」(茜)
 昭和二十二年復員。
 戦友の実家(葡萄酒製造会社)のある甲府で会計係を務める。
 五年前に急に退職し、羽田隆三の門前に座り込み、秘書として雇われる。
 「学歴は高くないが実力はある。誠実で実直」(羽田)
 三年で何人か居た先輩を差し置いて第一秘書に昇り詰める。
 昭和九年、東野鉄男(佐伯乙松)を旧佐伯家で目撃。
 堂島静軒に、東野の嘘を吹き込まれ、南雲を引き合わされ、山辺さんの死を教えてもらった。織作茜の動向を堂島に報告していた(京極堂) 茜を巻き込むなと言われた(本人)
堂島静軒
『塗仏』
 五十がらみ。郷土史家か(関口)
 射竦めるような眼。確乎りした顎。真っ直ぐな眉(関口)
 「無造作にぼさぼさと伸ばした髪」(関口)のせいで年齢不詳。
 張りのある声(関口)
 黒い伊賀袴に脚半。上も黒い着物。三角形を二つ重ねた籠目の紋(茜)
 不思議な男(茜)
 低く、なお真っ直ぐな力強い声。射竦めるような鋭い視線(茜)。
 白い単に被風を羽織り、黒い軽衫袴を穿いている。
 脚半まで着けている(茜)。
 顋の張った厳つくも精悍な顔、直線的な眉(茜)。
 「人を呑む」(茜)
 刑事と偽り、内藤を連れて行ったところを駱駝の福に見られている。
 「学があるよう」(只二郎)
 「変な親爺」
 物理的・生物学的不死に懐疑的な見解をもっていた(京極)
 記憶の研究をしていた。矛盾を矛盾のまま無矛盾的に統合してしまうと云う特性を、特性でなく欠陥として認識した(京極)
 善く響く低い声音。真っ白い和服に小豆色の羽織り。
 「山辺の協力者」(有馬)
 「陸軍の男」(京極堂)
 胸には籠目紋。確乎りした顎。
 真っ直ぐな眉。鷹のような眼。
 京極堂に言葉を操る業を仕込んだ。
 「確実に先を見通している」(本人)
 明石先生に認められていない。
 いつだってこそこそと陰から見ている(京極堂)
 京極堂と同じことをして、「娯しんでいる」(本人)
 榎木津の眼には、大陸でしてきた「愉しいこと」(本人)が写る
 「化け物」(榎木津)
 「あの人に好かれるような人間にだけは――なりたくないな」(中禅寺)