FC2ブログ
京極堂人物大事典(仮)
京極堂のファンサイトです
サイトについて
ここは京極堂人物大事典(仮)です。
「きょうごくどうじんぶつだいじてんかっこかりかっことじる」です。

その名の通り、京極堂小説の登場人物の事典(仮)です。
まだ未完成なので(仮)です。
ちなみに、ただの事典です。
18禁も、やおいも、2次小説もありません。
あしからず。

■履歴
2008/12/15
閲覧者の方へ
申し訳ありません。管理を怠っていました。
このサイトは、まだ封鎖する予定はありません。
更新の予定は今のところありませんが、封鎖する予定はありません。

スポンサーサイト



直山
『魍魎』
◆君枝のふたり目の伴侶 
◆香具師。幾つかの名前を使い分ける如何わしい男。結局はヤクザ者。正業に就いている訳ではない。興行に出るより博打を打っている日の方が多い、そんな男[関口]
◆酒癖が悪かった。頼子にも親らしいことは何もしなかったし、酔うと殴ったりもしたらしい。しかし最初の亭主に比べればそんなことは何でもないことだった。君枝の稼ぎを当てにして、ヒモのように暮らしているかと思えば、ふらっと姿を消して大金を持って帰ることもあった。コンビーフだのチョコレートだのを山のように抱えて戻ることもあった。そう云う時は上機嫌で早く自分の子供が欲しい、などと云ったそうである[関口]
◆頼子とは反りが合わない。頼子は新しい父親が嫌いのようだった[君枝]

君枝の父
『魍魎』
◆江戸から続く有名な人形師の末弟子だったそうである。名工の誉れ高い師匠や兄弟子達の名は、業界に詳しくない私でも耳にしたことがあった。腕は良く、中でも太閤、神天、金時などを得意とし、若くして独立したと云う[関口]
◆ただ、貧しかった。そのうえ博打が好きだった[関口]
◆元来怠惰な男だった[関口]
君枝の最初の夫
『魍魎』
◆越後出身の渡りの板前。一見地味だが金回りの良い男だったと云う[関口]
◆子供が嫌いだった[関口]
◆君枝の言葉を信ずるなら――顕かに異常だった。世話をするとか、可愛がるとか云った次元ではない。先ず、触らない。顔も見ない。泣くは疎か声を立てただけで烈火の如く怒ったと云う[関口]
◆君枝が泣き言を云うと、乱暴を働いた[関口]
◆俺のそばにいろ、何故それが出来ぬと、理不尽な要求をして君枝を責めた[関口]
◆男運の悪い女――あるいは性懲りもなく次次男に引っ掛かる馬鹿な女だが、その時の君枝は少し違っている。香具師の持っていた家と結婚したのである[関口]
◆自分の不幸の根源を<定住する箱がない>ことに求めた[関口]
◆<家>に固執した[関口]
今出川欣一
『邪魅』
◆探偵の親類[益田]
◆榎木津礼二郎の従兄[益田]
◆貧弱な眉。忙しなく黒目を動かしている小柄な男[益田]
◆会計士の免状も持っている[本人]
◆榎木津とはまるで似ていない[益田]
◆榎木津と全く別の生き物。榎木津の母親の弟の子供[益田]
◆典型的な今出川の顔[本人]
◆「欣一様」[寅吉]
安和寅吉
『魍魎』
◆住込みの探偵助手の名目で、榎木津の身の回りの世話をしてくれる青年(榎木津)

『邪魅』
◆榎木津の秘書兼給仕[益田]
◆榎木津の実家の使用人の息子。秘書兼給仕と自称してはいるが、要するに榎木津の身の回りの世話をしている小間使いのようなもの[益田]
◆眉も濃く唇も厚い。おまけに縮れっ毛なので、どうも日本人には見えない。これで色が白くなければ東南亜細亜か印度の人である[益田]
◆(銀色の盆にポットを載せて突っ立っているところを見ると)大正時代の書生のような出で立ち[益田]
◆気が利く[今出川]
◆「おさんどん」[今出川]
◆「あのな寅吉。お前が恩義を感じるべき相手は榎木津の伯父さんであって礼二郎じゃないんだぞ。榎木津家に忠誠を誓うと云うならまだしも、礼二郎なんかに仕えてどうすると云うんだ。え? 己の人生と云うものを真剣に考えろ」[今出川]
◆榎木津が結婚する時は当然、お払い箱[今出川]
◆しおらしい口調は珍しい[益田]